スマート陸運 Ver2018CS へバージョンアップ・新機能のご案内


[ 2018. 6.20 ]
いつも「スマート陸運」をご利用いただきありがとうございます。
「スマート陸運 Ver2018CS」 への無料機能強化 バージョンアップをおこないました。


2018CS.png

doc_pdf.png Ver2018CS 新機能ご案内 PDF をご確認ください。

最新バージョンは 当社WEBサイト より 「スマート陸運Ver2018CS製品版」 を ダウンロードしてご利用くださいませ。


「スマート陸運 Ver2018CS の新機能」
(3.80CS「H29.11.1」を含む)
● 〒データ(全国版)を 2018.6.1 時点最新のデータに更新。
※(以下掲載がない場合)等の不要な項目の削除加工済データに変更。
● 住所コードデータ(全国版)を 2018.6.1 時点最新のデータに更新。
● 所有者コードデータ(全国版)を2018.6.1 時点最新のデータに更新。
● 入力フォント/印刷プレビュー文字フォントを「メイリオ」に変更し視覚効果を向上。

■ 自社情報/得意先情報に「既定の使用の本拠の位置/保管場所の位置」の設定機能を追加。
■ 申請データ新規作成時に「既定代理人」を自動設定も可能な選択機能の追加。
■ 所有者・使用者・旧所有者・旧使用者(軽)・重量税代理受領人のOCR用紙申請・届出人欄に「法人の場合の役職/代表者名」の入力・印字機能を追加。
■ 申請データリスト(検索機能)フォームにて、リスト上からの「申請書類」のクイック印刷(プレビュー/印刷機能)を追加。
■ 普通車の申請データ作成時に、所有者欄に自社/得意先の転記時に「使用者・使用の本拠の位置」の同時設定選択機能を追加。
■ 軽自動車の届出の際には、使用者欄に自社/得意先転記時に、所有者、使用の本拠の位置同時設定選択機能を追加。
■ 委任状の印刷フォーマットを委任者1名用・3名用の印刷機能に仕様変更。
■ 委任状の印刷フォーマットに「印鑑証明書承認番号等押印欄」の枠を追加。  
■ 軽自動車の新使用者項目に「得意先データ」の転記機能を追加。
■ 軽自動車の検査票「表面/裏面」の印刷フォーマットを新用紙に変更。
■ 委任状の印刷フォーマットに「重量税代理受領」専用のフォーマットを追加。  
■ 申請依頼書の印刷フォーマットに「解体・永久抹消」専用のフォーマットを追加。
■ 得意先データに「法人の場合の役職/代表者名」項目・「マイナンバー」項目を追加。

「車検証QRコード読取機能(有料オプション)の機能を強化」
■ QRコード読取時に過去5年程度に新車届出のある車両データ(EV車等一部除く)の「型式」とのリレーションにより(メーカー名、通称名、排気量、定員(乗用)、最大積載重量(貨物))の項目がルックアップとなる機能を追加。

▲ 上記の型式データに平成29年3月-平成30年2月までの新車届出のデータを追加。
※ 型式指定/類別区分別の緒元データではありませんので、「定員(乗用)、最大積載重量(貨物)」は、実際の車検証にて確認が必要です。
■ QRコード読取時に、登録番号にローマ字のある等の特殊な登録番号及び、車台番号先頭に[国][県]コードのある場合に自動修正機能を追加。

● 車検証QRコード読取機能(有料オプション)






▼ 参考画像付にて doc_pdf.png Ver2018CS 新機能ご案内PDF に一部機能を抜粋して掲載しております。

「スマートカーディーラープレミアムVer4.30無料機能強化 バージョンアップのご案内!

[ H29.12.14 ]
いつも「スマートカーディーラー/プレミアム」をご利用いただきありがとうございます。
「スマートカーディーラープレミアム Ver4.30」 への無料機能強化 バージョンアップをおこないました。


smcd410.jpg

doc_pdf.png Ver4.30 新機能ご案内 PDF をご確認ください。

最新バージョンは 当社WEBサイト より 「スマートカーディーラープレミアム製品版」 を ダウンロードしてご利用くださいませ。


■ Ver4.30の新機能追加内容

「プレミアム版共通の基本機能」
● 〒データ(全国版)を 2017.11.1 時点最新のデータに更新。
※(以下掲載がない場合)等の不要な項目の削除加工済データに変更。
● 住所コードデータ(全国版)を 2017.11.1 時点最新のデータに更新。
● 所有者コードデータ(全国版)を2017.11.1 時点最新のデータに更新。

「顧客管理」
■ 個人の場合「生年月日」/法人の場合「役職/代表者名」の入力欄を追加。
■ 整備データの担当者欄に反映する「顧客先担当者名」項目を追加。

「車両管理」
■ 在庫車両の仕入原価項目の課税5項目・非課税3項目を新たに追加。
■ 在庫車両/顧客車両 の個別CSVデータのエクスポート機能を追加。

「車検証QRコード読取機能(有料オプション)の機能を強化」
■ QRコード読取時に過去5年程度に新車届出のある車両データ(EV車等一部除く)の「型式」とのリレーションにより(メーカー名、通称名、排気量、定員(乗用)、最大積載重量(貨物))の項目がルックアップとなる機能を追加。

※ 型式指定/類別区分別の緒元データではありませんので、「定員(乗用)、最大積載重量(貨物)」は、実際の車検証にて確認が必要です。

■ QRコード読取時に、登録番号にローマ字のある等の特殊な登録番号及び、車台番号先頭に[国][県]コードのある場合に自動修正機能を追加。

● 車検証QRコード読取機能(有料オプション)


「車両販売」
■ 売上データの期間指定可能なエクセルデータエクスポート機能を追加。
・ 期間を指定しない場合は全データをエクスポート。

「車両整備」
■ 美装用の「ボディ・コーティング加工証明書(地紋模様入り)」の作成/印刷機能を追加。
■ 売上データの期間指定可能なエクセルデータエクスポート機能を追加。
■ 整備データ作成フォーム内にて、「顧客データの新規作成」「顧客設定した顧客車両の新規作成機能」を追加。
■ 既存の「整備記録簿」の作成/印刷機能に入力/データ保存項目を拡充しました。
■ 整備事業者欄に、自社「社印イメージ」の印刷機能を追加しました。
■ 乗用2年記録簿 (2年/1年別)、自家用貨物/レンタカー等用記録簿(12ヶ月/6ヶ月別)の各項目の一括チェック機能を追加しました。
■ 作業指示書印刷時に「金額欄を印字しない」の選択印刷機能を追加。
■ 対象の顧客車両データの次回車検有効日、次回点検日、入庫時の走行距離の入力/確認用ダイアログを設置。

「合計請求書発行機能」
■ 合計請求書(明細あり)の印刷フォーマットを、整備伝票30件明細から「80件明細/2ページ」対応に仕様変更。
■ 合計請求書の印刷フォーマットに 鑑/控えを「A4ミシン目2分割用紙(上段下段)」
印刷する機能を追加。

「領収証発行機能」
■ 領収証の印刷フォーマットに 原本/控えを「A4ミシン目2分割用紙(上段下段)」印刷する機能を追加。

● プレミアム版限定機能(申請書類発行機能)
■ 自社情報/得意先情報に既定の使用の本拠の位置/保管場所の位置の設定機能を追加。
■ 申請データ新規作成時に既定代理人を自動設定も可能な選択機能の追加。
■ 所有者・使用者・旧所有者・旧使用者(軽)・重量税代理受領人のOCR用紙申請・届出人欄に「法人の場合の役職/代表者名」の入力・印字機能を追加。
■ 普通車の申請データ作成時に、所有者欄に自社/得意先の転記時に「使用者・使用の本拠の位置」の同時設定選択機能を追加。
■ 軽自動車の届出の際には、使用者欄に自社/得意先転記時に、所有者、使用の本拠の位置同時設定選択機能を追加。
■ 申請データ新規作成時に既定代理人を自動設定も可能な選択機能の追加。
■ 委任状の印刷フォーマットを委任者1名用・3名用の印刷機能に仕様変更。
■ 委任状の印刷フォーマットに「印鑑証明書承認番号等押印欄」の枠を追加。     

▼ 参考画像付にて doc_pdf.png Ver4.30 新機能ご案内PDF に一部機能を抜粋して掲載しております。

OCR申請書用紙の汎用化(無償化)について

[ H29. 1. 5 ]

新しいOCR用紙(黒枠)への印字対応バージョンのアップデート予定日のご案内

新年明けましておめでとうございます。
新春を迎え、皆さまにおかれましては健やかに新年を迎えられたことと、謹んでお慶び申し上げます。

早速ではございますが、「スマートシリーズ」の申請書類発行機能に関しましてご案内させていただきます。
H29年度より普通登録車のOCR申請用紙が黒枠用紙に変更になりました。


2017_OCR_s2



つきまして、「スマート陸運」並びに「スマートカーディーラー」のプレミアム版(申請書類発行機能)に関しましては、印字フォーマットの調整を施し、下記の日程にて新用紙対応バージョンのアップデートをさせていただきます。


● スマート陸運 Ver3.70: H29.1.12(木) に弊社WEBサイトにアップデート。
● スマートカーディーラープレミアム版 Ver4.10: H29.1.16(月) に弊社WEBサイトにアップデート。

アップデートの準備が整いましたら、改めてご案内をさせていただきます。

本年も、引き続き、どうぞ宜しくお願い申し上げます。




[ H28.12.29 ]
平成29年1月からの OCR申請書用紙の汎用化(無償化)について

国土交通省のホームページ にて、新しい黒枠OCR用紙の注意事項等が掲載されておりますのでご確認ください。
http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_tk6_000028.html






[ H28.10.25 ]
お客様各位

いつも、スマートシリーズ をご利用いただき誠にありがとうございます。
国土交通省が平成29年1月から実施する自動車登録システム(MOTAS)の更改により、読み取り機器
の文字認識精度が向上するため、現行のOCR専用シートでなくても申請できるようになり、平成29年1月以降
は、国土交通省が用意する無料の用紙(運輸支局等に配布)での登録等の申請が可能となります。

弊社ソフトウェアの「スマート陸運」、及び「スマートカーディーラー」のプレミアム機能(申請書類発行機能)での、
汎用申請書用紙での印刷確認(必要であれば印字フォーマットの微調整作業を実施)後、お客様へのご案内、
またはプログラムの変更が伴う場合は、無償にてバージョンアップ対応をさせていただきます。

各ソフトウェアの汎用申請書用紙での印字対応のバージョンアップに関しましては、平成29年1月10日以降 に順次対応予定とさせていただいております。


引き続き、どうぞよろしくお願い致します。

「スマートカーディーラープレミアムVer4.00」無料機能強化 バージョンアップのご案内!

[ H28.11.01 ]
いつも「スマートカーディーラー/プレミアム」をご利用いただきありがとうございます。
「スマートカーディーラープレミアム Ver4.00」 への無料機能強化 バージョンアップをおこないました。


smcd380.jpg

doc_pdf.png Ver4.00 新機能ご案内 PDF をご確認ください。

最新バージョンは 当社WEBサイト より 「スマートカーディーラープレミアム製品版」 を ダウンロードしてご利用くださいませ。


■ Ver4.00の新機能追加及び Ver.3.80 との変更内容 ■

● 〒データ(全国版)を H28.10.1 時点最新のデータに更新。
● 住所コードデータ(全国版)を H28.10.1 時点最新のデータに更新。
● 各データ検索画面に検索方法詳細ヘルプを追加しました。

「車両管理」
■ PDF形式の車検証データの保存機能 (エクスポート機能付)。
※ PDFの閲覧表示・印刷にはPCに「Adobe Acrobat Reader」のインストールが必要です。
■ 車両情報の印刷機能追加(在庫車両/顧客車両)。
■ 在庫車両の装備品選択項目のデザイン・規定メニューを一新。
■ 在庫車両の整備履歴の確認項目の追加。
■ 前後軸重の入力項目を追加。
■ 顧客車両データCSVエクスポート機能に”顧客〒”を追加。

「車両販売」
■ 車両販売データの複製機能を追加。
■ 装備品選択項目のデザイン・規定メニューを一新。
■ 車販画面上での在庫車両データの新規作成機能を追加。
■ 課税諸費用の2項目を編集可能な項目に変更しました。
■ 注文書印刷時に登録番号が不要の場合プレビュー画面にて消去可能です。
■ 販売車両情報の印刷機能追加(在庫車両)
■ 課税・非課税諸費用と付属品明細の各一括消去機能を追加。
■ 見積書の印刷制限を緩和しました。
 (注文書/請求書の印刷は、顧客ID・在庫車両IDが必須要件となります。)
 (商談フォームでの印刷機能は、全ての帳票印刷に制限はございません。)

「車両整備」
■ 見積書の請求先宛名・車両情報のフリー入力での作成が可能になりました。
■ 外注依頼等で一時的に入庫した登録を伴わない車両情報の入力が可能となりました。
■ 在庫車両データも整備車両の対象に仕様変更し、在庫車両の検索機能を追加。
■ 顧客車両の複数条件検索機能を追加。
■ 見積書の印刷制限を緩和しました。
 (納品/請求書、売上伝票等に関しては請求先IDと入庫区分が必須要件となります。)
■ 見積書・請求書等の請求先宛名欄に携帯番号FAXの印字項目追加。
■ 整備記録簿の印刷時に記録簿データ編集画面への移動ボタンを追加。

「プレミアム版限定機能(申請書類発行機能)」
● 郵便番号データ(全国版)をH28.10.1 時点最新のデータに更新。
● 住所コードデータ(全国版)をH28.10.1 時点最新のデータに更新。
● 所有者コードデータ(全国版)をH28.10.1 時点最新のデータに更新。
● 代理人マスタに整備工場コードを追加。


「平成29年1月からの OCR申請書用紙の汎用化(無償化)について」
国土交通省が平成29年1月から実施する自動車登録システム(MOTAS)の更改により、読み取り機器の文字認識精度が向上するため、現行のOCR専用シートでなくても申請できるようになり、平成29年1月以降は、国土交通省が用意する無料の用紙(運輸支局等に配布)での登録等の申請が可能となります。

申請書類発行機能(プレミアム限定機能) での、汎用申請書用紙での印刷確認(必要であれば印字フォーマットの微調整作業を実施)後、お客様へのご案内、またはプログラムの変更が伴う場合は、無償にてバージョンアップ対応をさせていただきます。平成29年1月10日頃 を予定させていただいております。

「スマートカーディーラープレミアムVer3.80」無料機能強化 バージョンアップのご案内!

[ H28.05.26 ]
「スマートカーディーラープレミアム Ver3.80」 無料機能強化 バージョンアップのご案内!


smcd380.jpg


いつも「スマートカーディーラー/プレミアム」をご利用いただきありがとうございます。
「スマートカーディーラープレミアム Ver3.80」 への無料機能強化 バージョンアップをおこないました。

doc_pdf.png Ver3.80 新機能ご案内 PDF をご確認ください。

最新バージョンは 当社WEBサイト より スマートカーディーラープレミアム製品版 をダウンロードしてご利用くださいませ。

■ Ver3.80の新機能追加及び変更内容 ■

● 〒データ(全国版)をH28.4.1 時点最新のデータに更新。
● 住所コードデータ(全国版)をH28.4.1 時点最新のデータに更新。
● 自動車重量税の13年経過車両の税率変更(H28.4.1以降)に対応。
● Windows 10 にて動作検証済です。
「車両管理」
■ 在庫車両/顧客車両の各データ管理画面に譲渡書類等印刷機能を追加。
● 委任状/ 申請依頼書(軽)
● 譲渡証明書(普通車)
● 所有権解除依頼書
※ 車両情報のみ反映
■ リスト印刷機能に「顧客ID」による絞込み印刷機能を追加。
「車両販売」
■「車販管理」と「商談フォーム」の簡易切替ボタンを追加。
■ 顧客名空欄時に敬称「様」の印字を省略する仕様に変更。
■ 注文書印刷時に登録番号が不要の場合プレビュー画面にて消去可能です。
■ 自動車重量税の13年経過車両の税率変更(H28.4.1以降)に対応。
「車両整備」
■ 見積書・請求書等の請求先宛名欄に携帯番号の印字項目追加。
■ 調整値引き機能の仕様変更(合計額がマイナス等の場合も計算が機能します)。
■ 自動車重量税の13年経過車両の税率変更(H28.4.1以降)に対応。
「合計請求書(整備請求管理)」
■ 合計請求書印刷時に赤伝票(請求金額がマイナス)の場合も印刷可能な仕様に変更。
「作業登録/部品/用品管理」
■ 「作業/部品内容」の最適化機能追加。
■ データの編集機能をリスト項目にてダイレクトに編集する仕様に変更。
■ データのエクスポート/インポート機能追加(インポート時のデータ配列固定)
(※ インポートデータ数に制限はございません。)
■ 整備データ明細行追加時に部品単価の割引計算(%)に対応(次行に割引率追加)
「領収証管理」
■ 領収証管理リストにてダイレクトに編集する仕様に変更。
■ 領収金額に対する入金明細入力項目の追加
■ 入金明細の集計機能追加


「プレミアム版限定機能(申請書類発行機能)」
① 郵便番号データ(全国版)をH28.4.1 時点最新のデータに更新。
② 住所コードデータ(全国版)をH28.4.1 時点最新のデータに更新。
③ 所有者コードデータ(全国版)をH28.4.1 時点最新のデータに更新。
④ 自動車重量税の13年経過車両の税率変更(H28.4.1以降)に対応。
⑤ 手数料納付書を(独)自動車技術総合機構、並びに調査確認等事欄
(H28.4.1以降)に対応。
⑥ 軽自動車の「申請審査書(手数料納入補助シート)」をA4普通紙にて印刷する仕様に変更
⑦「普通車OCR1号」、並びに「軽OCR1号・OCR専用1号」に、各「処理欄」(検査証
不要等)の項目を追加
⑧「普通車OCRシート3号の3」・「軽4号の3」にて重量税還付申請のない永久抹消登
録に対応。

« Back  | Home |  Next »

最新記事一覧

カテゴリ一覧

月別一覧

Powered by FC2 Blog