スマート陸運 VerCX1912 へバージョンアップ・新機能のご案内


[ 2019.12.10 ]
いつも「スマート陸運」をご利用いただきありがとうございます。
「スマート陸運 VerCX1912」 への無料機能強化 バージョンアップをおこないました。

CX1912.png


最新バージョンは 当社WEBサイト より 「スマート陸運VerCX1912製品版」 を ダウンロードしてご利用くださいませ。

「スマート陸運 VerCX1912 の新機能」

「データ更新」
● 〒データ(全国版)を 2019.11. 1 時点最新のデータに更新。
※(以下掲載がない場合)等の不要な項目の削除加工済データに適用済。
● 住所コードデータ(全国版)を 2019.11. 1 時点最新のデータに更新。
● 所有者コードデータ(全国版)を 2019.11. 1 時点最新のデータに更新。

「申請書類の作成機能」
■ 普通車(登録車)の重量税還付申請時の申請人/代理受領人の各「氏名又は名称のオーバーフロー用」の『付表2』の印字機能を追加。
■ 軽自動車の重量税還付申請時の申請人/代理受領人の各「氏名又は名称のオーバーフロー用」の『付表2』の印字機能を追加。
■ 普/軽 各OCR1号の使用の本拠の位置入力時に該当の住所コードの自動転記機能を追加。
■ 軽自動車 OCR1号の入力時に「91.販売店コード」印字機能を追加。
■ 2019年10月より配布されております軽自動車の新OCR申請用紙の
 ①「OCR1号(0012)」
 ②「OCR専用1号(0322)」
 ③「OCR4号の3(0082)」
「申請/届出人」欄の印字位置変更 に対応。(CX1912)
※ 各都道府県の軽自動車協会によっては、未だに旧OCR申請用紙が配布されておりますので、配布時にご確認くださいませ。新しい用紙は申請日の年号が「令和」になっている様式です。

「自動車税申告書の印字機能」
■ 標準フォーマットを普通車・軽自動車ともに環境性能割対応に仕様変更。
● 標準フォーマットは東京都(登録車・軽自動車)となります。
● 他道府県によって印字位置が異なる場合は、別途有料にて各道府県専用の印字位置の修正を承っております。




▼ 下記に参考画像付にて一部機能を抜粋して掲載しております。


■ 普通車(登録車)の重量税還付申請時の申請人/代理受領人の各「氏名又は名称のオーバーフロー用」の『付表2』の印字機能を追加。

CX1910_2.png




■ 軽自動車 OCR1号の入力時に「91.販売店コード」印字機能を追加。

CX1910_3.png




■ 軽自動車の重量税還付申請時の申請人/代理受領人の各「氏名又は名称のオーバーフロー用」の『付表2』の印字機能を追加。

CX1910_4.png




■ 2019年10月より配布されております軽自動車の新OCR申請用紙の
 ①「OCR1号(0012)」
 ②「OCR専用1号(0322)」
 ③「OCR4号の3(0082)」
「申請/届出人」欄の印字位置変更 に対応。(CX1912)
※ 各都道府県の軽自動車協会によっては、未だに旧OCR申請用紙が配布されておりますので、配布時にご確認くださいませ。新しい用紙は申請日の年号が「令和」になっている様式です。

C1912.png




「自動車税申告書の印字機能」
■ 標準フォーマットを普通車・軽自動車ともに環境性能割対応に仕様変更。
● 標準フォーマットは東京都(登録車・軽自動車)となります。
● 他道府県によって印字位置が異なる場合は、別途有料にて各道府県専用の印字位置の修正を承っております。


CX1910_5.png

「スマートカーディーラー」2019年10月1日よりの既定消費税率の変更方法のご案内


[ 2019.09.20 ]
いつも「スマートカーディーラー/プレミアム」をご利用いただきありがとうございます。

「スマートカーディーラー」におきまして2019年10月1日よりの既定消費税率の変更方法をご案内させていただきます。
10月1日以降、初めてスマートカーディーラーを起動していただく際に、
「自社・基本設定」フォームに移動して頂き、消費税率の項目を「8%」→「10%」にご変更をお願い致します。
変更後より、新規作成されます、「車両販売データ」並びに「整備データ」の各消費税率は「10%」となります。

zei





※上記を変更以降に、消費税率「8%」のデータにて計算の必要のあるデータに関しましては、個別にその対象データ上にある「消費税率」を変更していただくことで可能でございます。

大変お手数をおかけいたしますが、引き続きどうぞ宜しくお願い致します。




夏期休業(お盆休み)のご案内


お客様 各位

盛夏の候、皆様方におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、弊社では下記の期間、夏期休業とさせて頂きますので、ご案内申し上げます。
休業期間中は何かとご不便をお掛けすることと存じますが、何卒よろしくお願い
申し上げます。

夏期休業期間  2019年8月10日(土) ~ 8月18日(日)
8月19日(月)から平常どおり営業いたします。

誠に勝手ながら、同休日中のソフトウェアのご注文及びお電話での
問い合わせ及びサポート業務はお休みさせていただきます。
休日中のご注文及びメールでいただきましたお問い合わせは、
8月19日(月)以降順次対応させていただきます。

尚、スマートシリーズソフトウェアの「お試し版」・「製品版」のダウンロードは、休日中も制限なく
おこなっていただけます。

以上、ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

ゴールデンウィーク(GW)休業のお知らせ


お客様 各位

皆様におかれましては、ますますご繁栄の事とお喜び申し上げます。
いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

早速ではございますが、弊社では、 4月27日(土) ~ 5月 6日(月)迄 を
ゴールデンウィーク休業とさせていただきます。
5月7日(火) より平常どおり営業いたします。
 
誠に勝手ながら、同休日中のソフトウェアのご注文及びお電話での
問い合わせ及びサポート業務はお休みさせていただきます。

休日中のご注文及びメールでいただきましたお問い合わせは、
5月7日(火)より順次対応させていただきます。

尚、スマートシリーズソフトウェアの「お試し版」・「製品版」のダウンロードは、休日中も制限なく
おこなっていただけます。

以上、ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

スマート陸運VerCX1904(新元号に対応済) へ無償バージョンアップのご案内


[ 2019.04.16 ]
いつも「スマート陸運」をご利用いただきありがとうございます。
「スマート陸運 VerCX1904」( 新元号に対応済 )への無料バージョンアップをおこないました。

最新バージョンは 当社WEBサイト より 「スマート陸運Ver2018CX製品版」 を ダウンロードしてご利用くださいませ。

★「重要なお知らせ」2019年より軽自動車協会のOCR用紙が変わります。
4月16日現在、未だかなりの都道府県の窓口にて旧用紙が配布されているケースもございますが、窓口にて「新用紙」をご希望されることで各OCR用紙の「新用紙」を配布していただけますので、
お手数ではございますが、「新用紙」に早めに統一していただくことをオススメさせていただきます。
※ OCR軽6号(氏名事項等補助シート)に関しましては、現在のところ軽自動車協会でも新用紙がございませんため、既存の「OCR軽6号(0060)」をご使用くださいませ。
※ スマート陸運による「軽自動車 旧OCR申請用紙の印刷機能」は、本年度中旬以降に廃止予定となっております。


「スマート陸運 VerCX1904 の新機能」
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
● 新元号に対応済です。(2019.5.1「PCのシステム日付」を起点に完全新元号に切り替わります。)
① 車両の初度登録年月
② 申請日
③ 普通車OCR申請書1号の原因日
④ 抹消原因日
⑤ 自動車税申告書の変更日
▲ ①-⑤はインストール時点より、完全対応済です。

⑥ 輸出申請における「OCR申請用紙の輸出予定日欄」
▲ ⑥印字フォーマットの先日付を表示する項目のみ、4月30日までは、平成の年号「311031」となり、
5月1日より令和年号「011031」となります。(日付の起点は、PCのシステム日付となります。)
※ 新元号移行後も輸出予定日の元号コードの印字は不要です。

⑦ 自動車税申告書の車検有効日
▲ ⑦印字フォーマットの先日付を表示する項目のみ、4月30日までは、平成の年号(31年12月31日表記)となり、
5月1日より令和年号(1年12月31日表記)となります。(日付の起点は、PCのシステム日付となります。)

⑧ 委任状・譲渡証明書、保管場所関連書類等他のテキスト形式の「タイトル元号」の項目
▲ ⑧は印刷実行日時にて元号を取得しておりますため、5月1日以降は「令和」元号となります。(日付の起点は、PCのシステム日付となります。)

●「軽自動車税(転出)申告書(ピンクのA5サイズ用紙)」に関しましては、現在新元号対応の用紙の有料販売が5月以降になるようですので、新元号の○印対応に関しましては、新用紙確認後に
対応させていただきます。


「車両情報の追加機能」
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
● 車両情報の車名項目欄の入力時に 車検証上の「車名コード」の入力形式にも対応致しました。
▲ 例(194 → トヨタ)(698 → テスラ)(905 → ランボルギーニ)等
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


★ その他カスタマイズ機能の「新元号」対応に関する仕様。(別途有料オプションにてカスタマイズのお客様用)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「車検証QRコード読取機能」に関しまして
① 普通車・軽自動車の各QRコード内の「車両初度登録年月」を新元号に対応済です。

■「自賠責保険承認請求書」の印刷機能に関しまして
① 保険期間の項目は5月1日以降は「令和」による年号となります。(日付の起点は、PCのシステム日付となります。)
31 年 4 月 30 日 → 1 年 5 月 1 日
② 保険期間欄が「令和」元号の新用紙の配布が開始されるまで、保険期間の元号欄の取消線の印字選択機能を追加しております。( 平成 1 年 5 月 1 日)

■「自動車保管場所申請書/届出書」
申請日のテキスト日付のタイトル元号が、5月1日以降は「令和」となります。(日付の起点は、PCのシステム日付となります。)

■「自動税申告書」
① 元号記号が令和「5」の設定となります。
②「税申告書の車検有効期限」印字フォーマットの先日付を表示する項目のみ、4月30日までは、平成の年号(31年12月31日表記)となり、
5月1日より令和年号(1年12月31日表記)となります。(日付の起点は、PCのシステム日付となります。)

■ 封印取付依頼書、都道府県指定の重量税納付書等に関しまして、
① 申請日の新年号に対応済です。(31年4月30日)→( 1 年 5 月 1 日)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

« Back  | Home |  Next »

最新記事一覧

カテゴリ一覧

月別一覧

Powered by FC2 Blog